証拠に基づくストーリーマッピング:ステップバイステップ・ガイド

調査結果は、主要ステークホルダーが当初描いていた製品のビジョンと常に一致するとは限らない。このような状況では、証拠に基づくストーリーマッピングといったテクニックを用いることにより、ステークホルダーは製品における優先事項を決定し、デザイン過程で他の可能性を探ることができるかもしれない。本記事では、証拠に基づくストーリーマップ作成方法のステップバイステップ・ガイドを提供する。

原文は英語だけになります

Keefer, R. (2018). 証拠に基づくストーリーマッピング:ステップバイステップ・ガイド. User Experience Magazine, 18(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/evidence-based-story-mapping/?lang=ja

Leave a Reply