将来有望な明日の技術: 老齢人口のためのUX

年配者のニーズに関する最新の論文の分析に基づく評価の枠組みは、ユーザー中心設計の原則に従ったものである。この枠組みに含まれるテーマには、ユーザー体験、身体的・心理的なサポート、経済状況、社会的状況が含まれる。
支援技術をうまく取り入れてもらうために、これらはもっとも効果的で影響力が強い要素であると言われる要素である。

原文は英語だけになります

Wilkinson, C., Gandhi, D. (2015). 将来有望な明日の技術: 老齢人口のためのUX. User Experience Magazine, 15(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/future-proofing-tomorrows-technology/?lang=ja