信頼を伴う実用:デザイナーのためのツールキット

デザイナーこそが信頼の隙間を埋める鍵かもしれない。本記事では、その方法の実用性について説明する。

信頼は収益に多大な影響を及ぼすが、ほとんどの組織は信頼を得るためのデザイン(設計)が不得手で、新たな価値を創造するための大きな機会を逃してしまっている。本記事では、「Data Trust by Design」というツールキットの実用例を挙げながらそのプロセスを説明するとともに、現実世界での事例を見ていく。さらに、「デザイナーには果たすべき大きな役割がある」という論点にも着目する。ツールキットを実際に試して、自分の目で確かめてみよう。

Kinch, N. (2019). 信頼を伴う実用:デザイナーのためのツールキット. User Experience Magazine, 19(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/getting-practical-with-trust-a-designers-toolkit/?lang=ja

Comments are closed.