モーションデザインをアクセシブルにする方法:UXコレオグラフィー 第2部

モーションは適切に用いられれば、デザインの効果を著しく高めることができるが、インタラクションをわかりやすくすることは、アクセシビリティにマイナスの影響を与えることにもなりかねない。UXコレオグラフィーをより全体最適にするためには、例えばモーションアニメーションは焦点となる位置に配し、画面いっぱいに表示することは避けるといった、シンプルなガイドラインが役立つ。モーションはユーザーアクションによって引き起こされ、ユーザーは自分の意思で(そしてデバイスやブラウザの設定により)モーションの量を削減できなければならない。

原文は英語だけになります

Brundrett, A. (2017). モーションデザインをアクセシブルにする方法:UXコレオグラフィー 第2部. User Experience Magazine, 17(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/how-to-make-motion-design-accessible/?lang=ja

Leave a Reply