言葉がユーザーエクスペリエンスに与える影響(書評) Michelle Bence

『Writing is Designing: Words and the User Experience』(Michael J. MettsとAndy Welfleの共著)は、いくつかのケーススタディ、スクリーンショット、ガイドを活用しながら、コンテンツがユーザーエクスペリエンスにどのように影響するかを説明し、優れたライティングプラクティスをいかにして実践するかを示してくれる一冊である。各章では、ライティングの重要性(序章)、エラーメッセージの書き方に関する実用的なアドバイス、インクルーシビティとアクセシビリティ、ボイスとトーンの違いなど、幅広いテーマが取り上げられている。

原文は英語だけになります

Bence, M. (2020). 言葉がユーザーエクスペリエンスに与える影響(書評) Michelle Bence. User Experience Magazine, 20(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/how-words-can-influence-the-user-experience-book-review/?lang=ja

Comments are closed.