デジタル翻訳の改善に向けて:多言語コミュニケーターから得られる調査結果

デジタル翻訳ソフトの利用は増加しているとはいえ、英語以外の言語の複雑性をマスターするレベルまでには進化していない。翻訳ツールは、翻訳を修正するためのフィードバックサイクルを用いて開発・維持されることによってのみ改善が可能である。開発者は、「翻訳には、文脈・背景・文化・含意などに対応する柔軟性が必要」だというということを理解しなければならない。また、多言語コミュニケーターの行動を研究することにより、言語学的アルゴリズムへの取り組みに役立つ情報も得られる可能性がある。

原文は英語だけになります

Gonzales, L. (2017). デジタル翻訳の改善に向けて:多言語コミュニケーターから得られる調査結果. User Experience Magazine, 17(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/improving-digital-translation/?lang=ja

Leave a Reply