なぜ?と問い続けよう:アジアにおける好奇心、そして違いを知る喜び

異なる文化や市場の枠を超えてユーザーのために体験を翻訳 (解釈) することは、言語を超えた作業である。ユーザーが何を求め、期待し、必要としているかについてのデザイナーの基本的仮定は、飽くまでも仮定でしかないため、ある市場で売れている製品が別の市場では売れるとは限らない。仮定するのではなく、人との関わり合いを通して彼らの行動の社会的・文化的基準、そしてモチベーションと阻止するものについて学ぶことにより、デザイナーは「仮定に基づく他市場への製品展開」という落とし穴を確実に避けることができる。

原文は英語だけになります

Morris, A. (2017). なぜ?と問い続けよう:アジアにおける好奇心、そして違いを知る喜び. User Experience Magazine, 17(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/keep-asking-why/?lang=ja

Comments are closed.