キラーロボットと人文学:学際的な UX プログラムの構築

ミシガン州立大学に新設された Experience Architecture(アーキテクチャ体験)プログラムは College of Arts(人文学部)内のコースであり、テクノロジーの人間的側面をリードする次世代の専門家を育てるための画期的で新しいアプローチとして、ライティング、グラフィックデザイン、情報技術および哲学とコンピューターサイエンスとが統合されている。

原文は英語だけになります

Potts, L., Lauren, B., Tegtmeyer, R., Schopieray, S. (2015). キラーロボットと人文学:学際的な UX プログラムの構築. User Experience Magazine, 15(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/killer-robots-and-the-humanities/?lang=ja

Comments are closed.