無駄のないユーザー調査:アジャイル手法最前線からの教訓

製品開発におけるアジャイルなアプローチでは、製品への漸進的な改善を迅速にリリースすることに重点が置かれる。ユーザーエクスペリエンス調査は、学習プロセスを促進し、改善を正しい方向に向かわせることにより、テンポの速いアジャイルチームの助けとなる。アジャイルプロセスに調査アプローチを適応させることは困難だが、本記事では熟練したユーザーエクスペリエンス研究者らの自らの体験から、無駄のない調査方法を開始・反復・拡張することで迅速かつ実用的な調査結果を生み出し、チームがより良い製品を開発するためのヒントを得ることができる。

原文は英語だけになります

Rowe, A., Hansen, V., Broomes, C., Peterson, M. (2018). 無駄のないユーザー調査:アジャイル手法最前線からの教訓. User Experience Magazine, 18(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/lean-user-research/?lang=ja

Leave a Reply