ロスト・イン・トランスレーション:国境を超えたデザインの機微を伝達する

チームのプロセス、行動、スケジュールの変更により、デザインの機微を失うことなく、異なる場所に存在するチーム間のコミュニケーションを向上することができる。
思考と伝達の方法を調整することにより、チームは、ギャップや誤解を招くことなくデザインの機微を明確に表現する能力を得ることができる。

チームの行動様式、プロセス、およびコミュニケーション手法にわずかな基本的変更を加えるだけで、国際協力の成功を促進することができる。対面式による会議、異なる事務所/支社の専門家とのチーム形成、日常的なチーム・スクラムと小規模グループでのビデオ会議の組合せによって好影響がもたらされる。協働は、ストレスの素ではなく満足のいく経験であり得る。

原文は英語だけになります

Taylor, W. (2013). ロスト・イン・トランスレーション:国境を超えたデザインの機微を伝達する. User Experience Magazine, 13(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/lost-in-translation/?lang=ja

Comments are closed.