オンライン医療:高齢者に優しいプライバシーのデザイン

新しいテクノロジーは、ヘルスケア企業とその顧客との関係を根本的に変えつつある。高齢ユーザーおよびその介護者向けのオンラインセルフサービス体験を創出するためには、コンピューターの使用レベルに関する当初の誤った思い込み、ユーザーのケアのネットワークと必要なサービスレベルの理解、プライバシーの制約、従来およびクラウドベースのシステムの情報の統合、プロジェクトの開発方法、利害関係者とのコミュニケーション戦略、および前例からの教訓などの課題があることがわかった。 原文は英語だけになります

Fan, B. (2014). オンライン医療:高齢者に優しいプライバシーのデザイン. User Experience Magazine, 14(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/online-healthcare/?lang=ja