eラーニングツールもまた学習する:デジタルラーニングツールのデザインにおけるデータの利用

逆転授業におけるeラーニングツールは、授業時間を自由に使ってさらに突っ込んだ学習活動を行い、生徒が基礎知識を習得できるようにする機会を提供する。各生徒の教材とのインタラクションから得たデータを利用することにより、システムにおける学習体験の個別化が可能になる。効果的なeラーニングツールをデザインするには、教育上の背景を深く理解することが必要である。

原文は英語だけになります

Williams, J., Brooks, S. (2016). eラーニングツールもまた学習する:デジタルラーニングツールのデザインにおけるデータの利用. User Experience Magazine, 16(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/online-learning-environments/?lang=ja

Leave a Reply