openFDA:ユーザー中心のデザインとオープンデータを公共のために役立てる方法

これまで、米国食品医薬品局(FDA)は一般市民が容易に情報にアクセスできるようにしてこなかった。最近になり、ユーザー中心のデザインプロセスを活用してopenFDAが開発され、研究者とアプリの開発者が医薬品や医療機器、食品に関する健康上のデータへ最新のAPIを使ってアクセスできるようになった。。その立ち上げ以来、openFDAへのAPIコールは(グローバル規模で)2,000万回を越え、登録ユーザーは6,000人にのぼる。

原文は英語だけになります

Baker, A., Kass-Hout, T. (2015). openFDA:ユーザー中心のデザインとオープンデータを公共のために役立てる方法. User Experience Magazine, 15(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/openfda/?lang=ja

Comments are closed.