個人化サービス: 身近な公共端末の構築

APSIS4all (Accessible Personalized Services In Public Digital Terminals for all:すべての人に公共デジタル端末を利用できるようにする個人化サービス) プロジェクトは、障害者を含む多くの人々がATMや切符販売機を操作する際に直面するアクセシビリティのバリアを克服するため、欧州共同事業体によって設立された。APSIS4allは、個人化されたサービスの使用により、ユーザーのニーズや好みに端末のインターフェースを自動的に適合させることができる。またスマートフォンをはじめとする様々な新しいインタラクションモードにも対応を拡大している。

原文は英語だけになります

Bailey, C., Madrid, R. (2014). 個人化サービス: 身近な公共端末の構築. User Experience Magazine, 14(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/personalization-services/?lang=ja

Comments are closed.