医師よ、汝自身を癒し給え:医師の目から見た医療ソフトウェア

病院向けソフトウェアの UX をデザインする専門家は、各階層間のコミュニケーションを理解し、それを促進する必要がある。なぜなら、医師、管理スタッフ、ITスタッフのそれぞれは、「テクノロジー」をしばしば異なる視点でとらえているからだ。病院のソフトインフラは多くの場合、老朽化し、互換性がなく、複雑なシステムで構成されているという点にも注意が必要である。医師とその他の医療スタッフは、開発やテストにもっと関与すべきである。デザイナーは医師のワークフローをよりよく理解する必要があり、情報は簡素化かつ標準化される必要がある。

原文は英語だけになります

Cherian, S. (2015). 医師よ、汝自身を癒し給え:医師の目から見た医療ソフトウェア. User Experience Magazine, 15(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/physician-heal-thyself/?lang=ja