欠乏感:デザイン向上を探求するために「制約」に注目する

リソ―スが限られている時、人は心理的トンネリングに陥る傾向にあり、それは最善の決定を下すことに影響する。人の行動と動機を理解しようとする際、欠乏感に対する考慮、つまり必要なものが足りないと感じたときに人はどう行動するかについて検討することが、ユーザー中心のより良いデザインにつながり得る。よく考えられた情報やシステムを提供するということは、作業をはかどらせ、ユーザーが他のことに向けられるような処理能力を提供しているということなのである。

原文は英語だけになります

Rose, E. (2015). 欠乏感:デザイン向上を探求するために「制約」に注目する. User Experience Magazine, 15(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/scarcity/?lang=ja