長期指向の文化圏におけるサービスデザイン:「あっ、やばい」的状況への対処法

欧米諸国とアジア諸国との間の文化の違いは、サービスの不具合を顧客がどう受け止めるかに影響することがある。米国や英国の顧客は短期的な利益をより重視するが、東アジア諸国の顧客は欧米諸国の顧客とは異なり、将来的な利益のためには長期的な関係を維持することが非常に重要であると考えている。これらの相違を理解し、彼らに適応したデザインをすることで、ビジネスに大きなインパクトを与えることができるかもしれない。

原文は英語だけになります

Ren, F. (2017). 長期指向の文化圏におけるサービスデザイン:「あっ、やばい」的状況への対処法. User Experience Magazine, 17(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/service-design-in-long-term-oriented-cultures/?lang=ja

Comments are closed.