ケーススタディ:美術館の経営課題を解決する

自然的観察、インターセプト(街頭)調査、「来館者」の経験についてのインタビューなどのコンテキスト調査法の応用は、ミシガン州イーストランシングの「エリ&エディス・ブロード美術館」が直面していた課題をリサーチャーが見出し、解決するのに役立った。この調査が用いたアプローチとその学習成果は、将来的に美術館やその他のサービスのデザインの作業に応用することができる。

原文は英語だけになります

Campbell, E., Stoepel, W., Lauren, B., Kribs, S. (2016). ケーススタディ:美術館の経営課題を解決する. User Experience Magazine, 16(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/solving-a-museums-business-challenges/?lang=ja

Comments are closed.