定性調査手法のパワー:サイバーセキュリティと信頼の追求におけるひらめきの瞬間

米国標準技術局(NIST)の定量調査部員たちは、サイバーセキュリティとプライバシーに関連するユーザーのメンタルモデルの研究に、定性調査を導入している。彼らはその過程を共有し、ユーザーのサイバーセキュリティ経験を精査し、検証するための、綿密な定性調査のデザインおよび実施方法の方法論的ロードマップを提供してくれる。

原文は英語だけになります

Furman, S., Spickard Prettyman, S., Theofanos, M., Stanton, B. (2016). 定性調査手法のパワー:サイバーセキュリティと信頼の追求におけるひらめきの瞬間. User Experience Magazine, 16(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/the-power-of-qualitative-methods/?lang=ja

Comments are closed.