より良い自分の探求:より良い行動、気分、外見、自分作りのための製品

顧客のモチベーションを理解することは、優れた製品作りの鍵である。顧客が望み、必要とするものを理解する方法として、Fundamental 4s4つの基礎)というモデルを使用する。このモデルは、自分自身、行動、気分、外見を向上させたいという、根本的なモチベーションからスタートする。「自身を向上させる」ように顧客を手助けするということは、顧客の価値観を尊重するということである。また、顧客のパフォーマンスやスキル、適性能力、成績を伸ばし、顧客が成果を上げるように導くこともできる。気分を良くさせることとは、顧客の感覚を呼び覚まし、より良い心の状態をもたらすことである。外見を向上させるとは、審美眼と真価を認める気持ちを作り出すことである。4つの例を挙げ、このモデルの機能を検証する。

原文は英語だけになります

Pawlak, L., Østergaard, K. (2016). より良い自分の探求:より良い行動、気分、外見、自分作りのための製品. User Experience Magazine, 16(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/the-quest-for-the-better-me/?lang=ja

Comments are closed.