有益な個人の健康記録:アクセシビリティとイノベーションのためのデザイン

障害がある人は、テクノロジーと医療の両面において障壁に直面するものである。医療教育に関する様々なコンテンツがオンライン上に存在する一方で、アクセス可能なコンテンツを探すことは困難な場合もある。医療が印刷物からオンラインへと推移する中、障害者のニーズを満たすことは不可欠なことであり、また障害者のためにデザインすることには付加価値がある。情報、コミュニケーション、テクノロジーをうまく組み合わせて患者の目標達成を支援すれば、各自が自らの健康を管理して自立した生活を送ることができるのである。 原文は英語だけになります

Karavite, D. (2014). 有益な個人の健康記録:アクセシビリティとイノベーションのためのデザイン. User Experience Magazine, 14(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/useful-personal-health-records/?lang=ja