ユーザー中心のデザインと社会福祉サービス:21世紀の政府への期待を実現

Code for America(コード・フォー・アメリカ)は、カリフォルニア州政府と協力し、食品配給券などの社会福祉サービスへのアクセスで障壁となるものを減らすことに、ソフトウェアがどのように役立つかを明らかにした。ユーザー中心のデザイン手法を使うことで、申し込み手順に含まれる障壁だけでなく、申し込みのライフサイクル全体において、住民を支援できる機会があることがわかった。。これらの研究結果は、公的機関を変革して21世紀の政府への期待を実現する上で、ユーザーエクスペリエンスが果たせる可能性を物語っている。

原文は英語だけになります

Williams, A. (2016). ユーザー中心のデザインと社会福祉サービス:21世紀の政府への期待を実現. User Experience Magazine, 15(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/user-centered-design-and-food-stamps/?lang=ja

Comments are closed.