UX賞(ユーザー・エクスペリエンス賞)の今昔: UX賞の創設者、Beverly Mayとのインタビュー

第三回UX賞の授賞式で、優れたUXが一同にスポットライトを浴びた。今年度の受賞者たちは、日常生活に定着したデバイスを使った「ユビキタス・コンピューティング」に注目している。

第3回UX賞授賞式がニューヨーク市で2013年5月21日に行われたが、この記事では、UX賞の創設者であるBeverly Mayが賞をスタートさせることになったきっかけ、創設までの足取り、その経験から学んだことについて語ったインタビューを、Mindy Maxwellが紹介している。2013年度UX賞授賞式では、電気自動車のカスタム化や管理、ホームオートメーション機器、デジタル補綴(義肢など)、音声とタッチ式の双方で操作できるモバイル用ソフトウェアなどのエリアで、ユビキタス・コンピューティングをテーマとした受賞プロジェクトが発表された。

原文は英語だけになります

Maxwell, M., May, B. (2013). UX賞(ユーザー・エクスペリエンス賞)の今昔: UX賞の創設者、Beverly Mayとのインタビュー. User Experience Magazine, 13(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/ux-awards-past-and-present/?lang=ja

Comments are closed.