ラテンアメリカにおけるUXリサーチ:すべきこと、してはならないこと

効果的なリサーチを実施するためには、ブラジル、コロンビアおよびメキシコで行われた最近のテスト実施経験に基づく、ラテンアメリカでのテストにおける「すべきこと」と「してはならないこと」を考慮して欲しい。これには、ユーザビリティテスト計画をローカライズする場合に国ごとに考慮すべき微妙な差異と、特定の文化におけるベストプラクティスとが含まれる。また、テスト参加者募集条件の作成、翻訳、調査実施、観察テクニック、ユーザーインターフェイスの基本に関する事例も含まれる。

原文は英語だけになります

Rodriguez, A. (2014). ラテンアメリカにおけるUXリサーチ:すべきこと、してはならないこと. User Experience Magazine, 14(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/ux-research-in-the-top-3-economies-in-latin-america/?lang=ja

One Response

  1. Luis C Aceves より:

    Great article. I’m the CEO of Usaria, a UX company with offices in Mexico and Colombia. Unfortunately In Latam there are a lot of companies that used to say that they have user research services but that is not true, they are marketing agencies or UI designers, so they don’t have experience doing user research activities like recruiting, screening, using hardware or software like Morae, Silverback, or apply techniques like guerrilla testing, first click testing, tree test, etc.

    Definitely there is a lot of work to do to have more prepared UX professionals.