何を書くか:ユーザーのニーズに基づくコミュニケーション

人が文書を読む6つの理由とは、研究する、調査する、確認する、何かをする方法を学習する、何かを行う、そして自分のために何かをしてもらうためだ。

筆者は、ユーザーが文書を読む理由を示す図式を用いて、各タイプのユーザーのニーズがいかにして異なる執筆のスタイルと戦略を決定するかを説明する。例として、オンラインゲームをするユーザーのための執筆と、サイトがユーザーのプライバシーを保護する方法を説明するための執筆の違いなどが挙げられる。

原文は英語だけになります

Podmajersky, T., Mooney, M. (2016). 何を書くか:ユーザーのニーズに基づくコミュニケーション. User Experience Magazine, 16(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/what-to-write/?lang=ja

2 Responses

  1. Sara より:

    I shared this with the lead writers at our company! Thanks!

  2. Excellent article, I’m putting it to work right now!

    Can you please expand on the ‘Precision’ part of the continuum?

    I’m a little confused here, because on one hand the continuum graphic suggests that we need the highest precision at the ‘Documentation’ level, but on the other hand precision is a key to writing short and to the point messages at the ‘Do’ and ‘Be done for me’ levels?

    Thanks in advance,
    /lmss

Leave a Reply to Sara