社会におけるウェアラブル・テクノロジーの採用

ウェアラブル・テクノロジーは将来広く利用されるようになるだろう。本記事では、ウェアラブルデバイスの作成および展開において考慮されるユーザビリティ要因について追及する。考慮する要因には、ユーザーの心理的障壁、データセキュリティとプライバシー、情報オーバーロード、デザインと美学におけるスタイルに関する選択、コスト、パーソナライゼーションの度合い、最適な製造手順、AIの使用、人間工学、デバイスの物理的安全性におけるリスク、耐久性、消費電力、文化的感受性が含まれる。

原文は英語だけになります

Tariq, S., Shahbaz, M. (2020). 社会におけるウェアラブル・テクノロジーの採用. User Experience Magazine, 20(2).
Retrieved from https://uxpamagazine.org/usability-aspects-of-wearable-technology/?lang=ja

Comments are closed.