チェンジエージェントになる:UXが脅威として認識されるとき

多くの場合、UXerはビジョナリー(先見の明を持つ人)やイノベーター(革新者)、あるいは早期採用者といった人々によって組織に導入されるため、習慣化された業務に満足している人々に変革の必要性を説くのはUXerの責任となる。チェンジエージェントとしての我々は「改善」に全力で取り組んでいるが、変革への抵抗を克服するためには、柔軟な態度で交渉に臨み、良いコミュニケーションをとることが必要である。リサーチやデザインのスキルと並行してこれらのスキルを磨くことができれば、我々は皆、組織においてより効果を発揮することができる。

原文は英語だけになります

Rosati, T. (2017). チェンジエージェントになる:UXが脅威として認識されるとき. User Experience Magazine, 17(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/becoming-a-change-agent/?lang=ja

Comments are closed.