The Glass Cage:Automation and Us (書評)

Nicholas Carr著『The Glass Cage:Automation and Us』(ガラスの檻:オートメーション・バカ)は、現在かつてないほど製品に取り入れられているオートメーションが、デザインそして人的な要因に与える深刻な影響を論じる一冊である。生活の大部分が自動化されるにつれ、我々は能動的な参加者から受動的な観察者へと変貌しつつあるが、著者はこの世の喜びは労働によって得られるものであり、デザイナーはその喜びの消滅を防ぐことができると説く。

原文は英語だけになります

Rogers, L. (2016). The Glass Cage:Automation and Us (書評). User Experience Magazine, 16(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/book-review-the-glass-cage/?lang=ja

Comments are closed.