安心のためのデザイン:フローをほぼ達成する

「フロー」の促進は、UXデザイナーの大きな目標である。しかし、障害となるものの性質や使用状況が原因となってこの目標が達成不可能である場合、デザイナーは、ユーザーの「安心」(確信があり、不満がない感覚)を目的とすべきである。これは、以下の3つの「フロー」の原則を適用することにより達成することができる。

  1. 物事は期待どおりに作用すべきである。
  2. ユーザーは進行状況を常に把握しているべきである。
  3. 相互作用には心の動揺があってはならない。

原文は英語だけになります

Keefer, R. (2014). 安心のためのデザイン:フローをほぼ達成する. User Experience Magazine, 14(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/designing-for-peace-of-mind/?lang=ja