市民の関与:一般市民の社会参画に対する8つのアプローチを考察する

スマートフォン、インターネット、ソーシャルネットワーキングのアプリケーションなどのテクノロジーにより、地域社会においてグループの一員として活動する市民よりも、個人として活動する人々が増えるという結果をもたらしており、これが地域社会への関与と参加を減らす原因となっている。この記事では市民の社会参画を促進する8つのプラットフォームを評価し、それらプラットフォームがどのように機能し、Code for America(コード・フォー・アメリカ)の参画基準を利用しているかを評価することで、それらの成功の度合いを測定する。

原文は英語だけになります

McHarg, S. (2015). 市民の関与:一般市民の社会参画に対する8つのアプローチを考察する. User Experience Magazine, 15(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/engaging-citizens/?lang=ja

Comments are closed.