方向を見定める:複雑な環境を理解するためのジャーニーマップの共同制作

ジャーニーマップは複雑なユーザーランドスケープの輪郭を捉えるためのフレームワークを提供し、ユーザーとステークホルダー間の共通の理解を生み出す。ランドスケープの綿密な計画を立てることにより、知識とプロセスの間のギャップを特定することができる。ソリューションを生み出す前に、まず何が欠落し、どこに機会があり、何が制限されているかについて合意することにより、最終的に全員の自信を高め、プロジェクトの問題解決の段階で価値創造に集中することができる。

原文は英語だけになります

Aradhyula, A. (2017). 方向を見定める:複雑な環境を理解するためのジャーニーマップの共同制作. User Experience Magazine, 17(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/finding-your-bearings/?lang=ja

Leave a Reply