(仮想)現実の現実を把握する:(本来の)現実からの逃避

仮想現実は(VR)は、我々の脳の「安定した現実感を作り出す」仕組みを利用したハードウェアプラットフォームを用いることにより、感覚入力が変化する場合ですら、我々の脳が「そこにないものを体験できる」ように仕向ける。動きや視覚効果はどれもがユーザーエクスペリエンスに寄与する要素である。写真は視覚的体験の重要な部分であり、カメラの設置方法に関するルールを守るか破るかにより、確かな現実あるいは歪んだ感覚を生み出すことができる。

原文は英語だけになります

Herring, R. (2017). (仮想)現実の現実を把握する:(本来の)現実からの逃避. User Experience Magazine, 17(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/getting-a-grip-on-virtual-reality/?lang=ja

Comments are closed.