得られた教訓:地域に向けたコラボレーション・スペースのデザイン

100カ国以上にわたるプロジェクトをサポートする、ある組織のラテンアメリカ/カリブ海地域部門は、スタッフ同士がつながりを持ち、アイデアを分かち合い、問題について話し合うためのデジタル・コラボレーション・スペースの作成を必要としていた。このプロジェクトでは発見・定義・デザイン・実装・最適化という手順が踏まれたが、その結果、他の部門がより円滑なアプローチを計画するのに役立つ教訓が得られた。

原文は英語だけになります

Simpson, L. (2014). 得られた教訓:地域に向けたコラボレーション・スペースのデザイン. User Experience Magazine, 14(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/lessons-learned/?lang=ja

Comments are closed.