MaxDiffアンケート調査:デザインに情報を提供し、戦略を推進し、協力を促す

MaxDiffアンケート調査手法では、製品の様々な機能、あるいはアイデアのリストを複数見せ、それぞれから相対的に重要あるいは有益なものを回答者に尋ねる。機能やアイデアに対する相対的優先順位の理解は、製品のイニシアチブやデザインの向上に戦略的方向性をもたらす。

原文は英語だけになります

Shokrpour, A., Katz, M. (2016). MaxDiffアンケート調査:デザインに情報を提供し、戦略を推進し、協力を促す. User Experience Magazine, 16(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/max-diff-survey/?lang=ja

Comments are closed.