記憶のモノポリー:認知症を患う高齢者のためのリハビリ改善ゲーム

アルツハイマー病の患者数は世界中で増加している。台湾をはじめとする国々で、治療活動の多くに紙製の道具が用いられているが、それらが抱える難点は、患者に有益な刺激を与える可能性を制限してしまうことである。そこで台湾のリサーチャーたちは、豊かで変化に富んだ刺激を与える、患者自身の体験談・写真・ビデオなどを使った、一人一人に合わせたコンテンツを提供する治療活動用ゲームソフトを開発した。この「リハビリゲーム」を使用したケースの初期成果では、患者、セラピスト、そして患者の家族にメリットをもたらしたことが示されている。

原文は英語だけになります

Ya-Fang, C., Szu-Yang, C., Hsien-Hui, T. (2017). 記憶のモノポリー:認知症を患う高齢者のためのリハビリ改善ゲーム. User Experience Magazine, 17(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/memoir-monopoly/?lang=ja

One Response

  1. Yacon Root より:

    Great Blog. Very much enjoyed reading.

Leave a Reply