患者とのコミュニケーション:言語障害者の場合

医療においてコミュニケーションは不可欠なものである。しかし、言語障害を持つ患者と意思の疎通をする方法についてほとんど知識を持たない医療従事者がかなりいる。このような患者にとり、医師の診察を受けることは、特に自分のコミュニケーション用デバイスや補助器を使うことができない場合、ストレスとなりやすい。患者は、問題を説明し、痛む場所を示し、医師による誤解を正したり、あるいはこういったことを経て自分の命を守ろうとして苦労し、深刻な結果にいたることがある。 原文は英語だけになります

Hyatt, G. (2014). 患者とのコミュニケーション:言語障害者の場合. User Experience Magazine, 14(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/patient-communication/?lang=ja

Comments are closed.