注意を払おう(書評)

マックラ氏の問いかけの一つの鍵となるのは、高解像度かつ低需要の建築物が理解の基点となる、「すでにある環境」を注視するということである。適切な標識が設置された建物は、「イライラのピーク」や「情報の洪水」からの逃避所となり得るうえ、情報デザインやヒューマン・インタラクションに対する多大な示唆を与えてくれるのである。 原文は英語だけになります

Bugental, J. (2014). 注意を払おう(書評). User Experience Magazine, 14(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/pay-attention-book-review/?lang=ja

Comments are closed.