責任あるデザイン:不確実性と不安の軽減に向けた取り組み

不安は我々の集団意識にまん延するテーマである。破壊的な「UXのダークパターン」が倫理的な影響を及ぼすことは既知の事実であり、経験豊かなデザイナーは無意識のうちに、エンドユーザーが感じるストレスや不確実性(過度な複雑性、膨大な選択肢、情報の欠如、無限の情報、見せかけの緊急性など)を悪化させるような環境状態の影響を、自ら受けてしまう。責任あるデザインとは、ネガティブな感情を減らしながらもビジネス目標を達成することを目指すようなデザインである。

原文は英語だけになります

Colenso, R. (2018). 責任あるデザイン:不確実性と不安の軽減に向けた取り組み. User Experience Magazine, 18(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/responsible-design/?lang=ja