ARのUX:人間中心の拡張現実の定義に向けて

拡張現実エクスペリエンスをデザインするにあたっては、まず「人」に目を向けること――つまり、対象として意図したユーザーと意図しないユーザーの両方を考慮に入れ、彼らを取り巻く環境について考え、彼らの世界を慎重に取り次ぎすること――が役立つかもしれない。その次のステップは、適切なタイミングで適切な感覚を高めるために、適切なテクノロジーを選択することである。

原文は英語だけになります

Evans, K., Koepfler, J. (2017). ARのUX:人間中心の拡張現実の定義に向けて. User Experience Magazine, 17(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/the-ux-of-ar/?lang=ja

Leave a Reply