ジャーニーラインの活用:洞察と観念作用

定性調査を行う研究者にとって、実生活での体験談はおそらく最高の味方となるだろう。それらは共感をはぐくみ、問題を再定義し、デザインのインスピレーションとなるからである。このケーススタディは、顧客理解の中心に体験談を置き、顧客のためにより良い未来をデザインするというプロジェクト(調査とブレインストーミングの 2 部からなる)において、ジャーニーラインがどのように活用されたかを示している。

原文は英語だけになります

Freeman, B., Wehner, M. (2015). ジャーニーラインの活用:洞察と観念作用. User Experience Magazine, 15(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/using-journey-lines/?lang=ja

Comments are closed.