大学環境におけるUXの提唱:幾多の利害関係者に対する戦略と計画

一つの大学における520もの個々のウェブサイトにおいて優れたUXを徹底させるには、熟考されたアプローチが必要となる。利害関係者を内部ユーザーと外部ユーザーに振り分け、適当なペルソナを作成し、標的化された研究を実施することが、良い結果をもたらした。

作成者たちは、外部ユーザーのUXに最も影響を与える内部ユーザーを理解することに努力を集中した。彼らは戦術・戦略・運営上の問題を見極め、熟考されたプロセスを一つ一つ実行することにより、一連のウェブサイトを全体的な改善へと導いた。

原文は英語だけになります

Gutiérrez, C., Yáñez, A. (2016). 大学環境におけるUXの提唱:幾多の利害関係者に対する戦略と計画. User Experience Magazine, 16(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/ux-advocacy-in-a-university-context/?lang=ja

Comments are closed.