企業におけるUXの負債:実用的なアプローチ

UXへの取り組みを「どこで優先させるべきか」を判断するには、UXの負債計算機を作成すると良い。「UXの負債」というコンセプトと「ユーザーエクスペリエンスの成熟度」のモデルを組み合わせることで、UXのフレームワーク、ユーザビリティの成熟度、技術的プラットフォームといった項目で複数の製品を正当に評価することができる。様々な製品を点数化して比較すれば、必要とされる仕事量を上層部が理解しやすくなり、製品チームが製品のUXをより速く成熟させ、各製品の長期的なUXの負債を減少することにつながる。

原文は英語だけになります

Dunwoody, K., Teague Rector, S. (2015). 企業におけるUXの負債:実用的なアプローチ. User Experience Magazine, 15(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/ux-debt-in-the-enterprise/?lang=ja

2 Responses

  1. yet I never found any interesting article so much Interesting
    UX debt calculator has a great tool to help sell UX to management.

  2. Donna Habersaat より:

    Interesting article – I can see the UX debt calculator has a great tool to help sell UX to management and company leaders that don’t know what UX is or why it is necessary.

    Thanks for the information.