openFDA:ユーザー中心のデザインとオープンデータを公共のために役立てる方法

「親密なパートナーからの暴力」を扱う非営利団体のウェブサイトをデザインする場合には、デザイナーは通常のユーザー中心のデザイン手法とメトリクス以上のものを考える必要がある。IPVサイトを担当するデザイナーは、ユーザーを没頭させる魅力的なコンテンツを作成する代わりに、暴力を経験した人々の安全確保のニーズを優先しなければならない。サイトの成功には、ユーザーを尊重するユーザー中心のデザイン手法、立ち直る力をテーマとするコンテンツ、暴力を受けた人々と他の主な関係者のニーズを満たすデザインが鍵となる。

原文は英語だけになります

Virgilio, D. (2015). openFDA:ユーザー中心のデザインとオープンデータを公共のために役立てる方法. User Experience Magazine, 15(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/with-safety-in-mind/?lang=ja