(English) Incorporating the Jobs to Be Done Framework (Book Review)

オンライン教育の開発を手引きするためになぜUXガバナンス構造が必要かを、事例を挙げながら検証する。

COVID(新型コロナウィルス感染症)対策規制の影響により、オンライン教育プラットフォームのデプロイメントが増加している。本記事では、生徒たちのニーズをよりよく満たす電子学習システムの開発を手引きするためのUXガバナンス構造の必要性について論じる。UX戦略、リーダーシップ、チーム、プロセス、および測定を実践することで、オンラインコースの作成が大いに促進され、最終結果も改善される。

原文は英語だけになります

Pagliaccio, S. (2020). (English) Incorporating the Jobs to Be Done Framework (Book Review). User Experience Magazine, 20(3).
Retrieved from https://uxpamagazine.org/incorporating-the-jobs-to-be-done-framework-book-review/?lang=ja

Comments are closed.