テクノロジーの堀:摩擦に対する意図的なバリアのダークパターン

企業には、顧客の苦情に耳を傾けようという意欲があるのだろうか?企業がテクノロジーを使用して顧客をシャットアウトする方法を詳しく見ていこう。

テクノロジーによるバリアはさまざまな理由で存在するが、そのすべてが良いものであるとは限らない。自動化された顧客サービスシステムは、企業にとってのコストを削減しながら、顧客のためのサポートプロセスを迅速化することができる。しかし、顧客の動きを鈍らせるようにデザインされてしまうと、先へ進もうとする顧客に二の足を踏ませる「テクノロジーの堀」と化してしまうリスクがある。本記事では、テクノロジーの堀とダークパターンとの違い、およびそれらを見つける方法を学ぶことができる。

原文は英語だけになります

 

Schmidt, B. (2021). テクノロジーの堀:摩擦に対する意図的なバリアのダークパターン. User Experience Magazine, ().
Retrieved from https://uxpamagazine.org/technology-moats-the-dark-pattern-of-intentional-friction-barriers/?lang=ja

Comments are closed.