Uxerになるということ:セラピストになることとの類似点

ユーザー中心設計の主要目的は、ユーザーの喜びを増やし、不快感を減らすことである。心理療法士としての長年の経験を踏まえ、著者は、基本的なカウンセリングのスキルと方法を使用することが、顧客や同僚の有意義な体験を向上するための1つの方法である理由を3つのケーススタディを通して紹介している。ユーザーエクスペリエンス・ツールキットにこうした基本的な人間的なスキルを追加することは、あなたの技量を高めることになる。

原文は英語だけになります

Arnold, L. (2014). Uxerになるということ:セラピストになることとの類似点. User Experience Magazine, 14(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/being-a-uxer/?lang=ja