コントロールと全体主義:将来に対するSFの悲観的視点

最も初期のSF映画は、未来社会の状況、想像に富んだ新しいテクノロジー、怪物や宇宙人を描いていた。このような映画で描かれた未来社会は、ほとんどの場合ユートピア(理想郷)ではなく、ディストピア(暗黒郷)だった。肯定的な考え方を持たない時、人は、幸福な生活とは逆のディストピアの社会を作り出してしまう。テクノロジーは、社会をコントロールするために利用されるのではなく、肯定的な結果を達成するためのデバイスやシステムの開発に注力すべきである。

原文は英語だけになります

Kurosu, M. (2013). コントロールと全体主義:将来に対するSFの悲観的視点. User Experience Magazine, 13(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/controlled-totalitarian/?lang=ja

Comments are closed.