製品デザインへのユーザ参加:洞察と戦略とのギャップを埋める

顧客のアクセスといった形成的評価方法を用いると、大量の内容豊富なデータを得られるが、チームは往々にして得られた洞察から製品戦略を編み出すために十分な知識や計画を持っていない。この記事では、この問題に対して、5段階の短時間の調査およびデザインのプロセスを通じてユーザ集団と提携し、解決を図る方法を説明している。このアプローチでは、オーディエンスのための解決策を生む最善の方法とは、彼らのニーズを理解し、彼らと一緒に解決策についてブレインストーミングを行い、そこから出てきた解決策を彼らに提示してフィードバックを得て、意見の交換を行うことだ、という考えを前提としている。そしてそこから得られるものは、カスタマーの洞察を通じてきちんと理解されかつ洗練された製品ビジョンである

原文は英語だけになります

Katz, M., Freeman, B., Herbert, K. (2011). 製品デザインへのユーザ参加:洞察と戦略とのギャップを埋める. User Experience Magazine, 10(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/engaging_users_in_product_design/?lang=ja

Comments are closed.