ダークパターンからエンジェルパターンへ:信頼に値するユーザーエクスペリエンスの構築

信頼は3つの要素、すなわち、最善の意図をもって仕事をやり遂げようという誠実さ、仕事をそつなくこなす能力、結果を出す能力によって築かれる。デザイナーは、透明性の高いコミュニケーション方法を用いることで誠実さを示すことができる。しかし能力や技量は、顧客のデータを利用してユーザーの生活を向上させるような機能を提案することにより、最も明確に実証される。エンジェルパターンは、ユーザーとソフトウェアとの関係を、ユーザーの利益となる形で深める。

原文は英語だけになります

Brewer, J., Dutta, S., Kriskovic, M. (2017). ダークパターンからエンジェルパターンへ:信頼に値するユーザーエクスペリエンスの構築. User Experience Magazine, 16(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/from-dark-patterns-to-angel-patterns/?lang=ja

3 Responses

  1. Sylvain Drapeau より:

    Great article, I just find it awkward to compare an online retailer UX to a security software UX. The former gains $ by misleading while the latter, not so much. Don’t get me wrong, I think your points are all valid and we can see the motivation behind your UX choices, I just think the comparisons with an online purchase to be rather irrelevant.

  2. Aziz より:

    Great article, true relations have to be built on “trust”

  3. SAM より:

    > 1. Secure their data in every possible way
    > 2. Make sure their data is always available
    > 3. Provide them value and “Do Good Things” with that data

    This is why I continue to be a customer,