イノベーションとUX:適応可能かつ動機付けに基づくUXアプローチに向けて

イノベーションでは、効率や学習可能性といった、新たな特長や標準主要パフォーマンス評価指標(KPI)が重視されがちである。UXリサーチャーとデザイナーは、機能と一般的なKPIに加え、象徴的な意味も視野に入れた、より全体的なアプローチを検討する必要がある。この記事では、実例と理論により、これがどう活かされるかが示され、象徴的意味をUXリサーチとデザインに取り入れる際の推奨事項が提案される。

原文は英語だけになります

Breuninger, C., Dennig, B., Klein, S. (2016). イノベーションとUX:適応可能かつ動機付けに基づくUXアプローチに向けて. User Experience Magazine, 16(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/innovation-and-ux/?lang=ja

Comments are closed.